ホーム>保険は預金より税金が安い

保険は預金より税金が安い

保険で貯金をするという人もいるでしょう。保険の満期金は預金よりも税制面で有利なのです。

預金の場合

預金の場合、利息に対しては一律20%源泉分離課税がかけられます。例えば、1000万円預けて、利息が100万円ついたとしましょう。そうすると、

100万円×20%=20万円

20万円も税金としてひかれてしまいます。

保険の場合

しかし、それが保険なら、例えば一時払養老保険というのがあります。1000万円預けて、満期金が100万円増えるとしましょう。税金は一時所得扱いに成り、所得税で税金がかかります。

所得税には様々な種類と税制面での控除があります。この場合は、満期金は「一時所得」ですから、以下のような計算になります。

(総収入金額-収入を得るために支出した金額)/2-特別控除額(最高50万円)=一時所得の課税金額

(1100万円-1000万円)/2-50万円=0円

つまり税金がかからないということになります。預金の場合20万円がひかれるのに対して、保険の場合、ひかれずに済むのです。

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中