ホーム>損害保険商品一覧(個人)>海外旅行保険

海外旅行保険

海外旅行保険とは、加入後、自宅を出発してから自宅に帰宅するまでの間の不慮の事故でのケガや風邪や盲腸などの病気でかかった医療費や、お店の商品を壊したなどの損害賠償代金、旅行カバンを盗まれたり、ビデオカメラを落として壊したなどの損害金を補償するものです。

主な補償は以下の通りです。

旅行者ご自身の補償

旅行者ご自身が海外旅行中にケガや病気を被った場合の補償です。

海外での病気やケガの医療費は、日本の健康保険ではカバーされませんから、高額な費用がかかります。

【病気の例】

Aさんはフランス旅行中、肺炎にかかり入院。退院後、当初の旅行予定を切り上げ帰国。

被害金額:100万3429円

Bさんはニュージーランド旅行中、虫垂炎になり、入院費用として284万8620円の請求を受けた。クレジットカードの海外旅行保険では50万円の治療費用までしか支払われなかった。

被害金額:234万8620円

【ケガの例】

Aさんはオーストリアで観光中、バス降車時に転倒、頭部を強打して入院。看護師の付き添いで日本まで搬送される。

被害金額:355万5268円

Bさんはシンガポールのホテルの洗面所で転倒、左足首を骨折。

被害金額:112万8350円

Cさんはグアムで海水浴中、おぼれて意識を失い、現地の病院のICUに収容。約1か月入院後、看護師付き添いのもと、プライベートジェット機にて、日本まで搬送。

被害金額:約4000万円(現地治療費、搬送費用など)

手荷物の補償

手荷物が海外旅行中に盗難・破損された場合の補償です。

【物の破損、弁償の例】

Aさんはベトナムを旅行中、混雑した路上で、リュックの外ポケットに入れたレンタル携帯電話を盗まれた。

被害金額:21万7904円

相手への賠償

海外旅行中に他人にケガをさせてしまったり、他人のものを壊したりして損害を与えた場合の補償です。

日本は過失(うっかり)に対する賠償意識が比較的低い国ですが、海外では過失に対してきちんと損害賠償を請求するのが普通です。

【物の破損、弁償の例】

Aさんはスイスのホテルで、お風呂のお湯を出したまま朝食に行ってしまい、部屋を水浸しにした。

被害金額:52万4163円

Bさんは旅行先のフランスのホテルで、カーペットにしみをつけてしまった。

被害金額:11万8530円

次≫海外旅行保険の注意点

1 2 3 4 5 6 7 8

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中