ホーム>損害保険商品一覧(個人編)>車両保険

車両保険

偶然な事故により、自動車が損害を受けた場合に保険金が支払われます。一般的な車両保険と、補償範囲を限定して保険料を抑えたタイプの車両保険があります。

  一般的な
車両保険
車対車+A
(商品名)
エコノミータイプ
衝突

※相手自動車およびその運転者または所有者が確認された場合のみ補償


※相手自動車およびその運転者または所有者が確認された場合のみ補償
火災・爆発
台風・洪水・高潮
盗難
自損事故    
あて逃げ    

注意すべき点

無事故割引・事故割増
自動車保険では、保険期間(保険の契約期間)中の事故の有無に応じて契約者の等級がアップ・ダウンし、それに応じて翌年の契約保険料が増減するという、「等級別料率制度」が採用されています。事故を起こさないことが保険料の割引という形で契約者のメリットになりますので、安全運転を常に心がけたいものです。「等級別料率制度」のしくみは、損害保険会社により多様化していますので、詳細につきましては、損害保険会社または代理店にお問合せ下さい。

運転者の年齢で契約条件を選ぶ
自動車保険を契約するときに、運転者の年齢を制限した条件付で契約することにより、保険料が割引となる制度があります。ただし、運転者年齢条件で割引をつけた契約では、例えば、26歳未満不担保特約で契約している場合に23歳の人が運転して事故を起こしても、保険金は支払われませんので注意が必要です。

保険料の割引制度を利用
自動車保険では、次のような保険料割引制度を用意していますので、ご活用ください。

運転者家族限定割引
自動車の運転者を家族に限定することで、保険料が割引となる制度です。ただし、この割引制度で契約している場合には、家族以外の人が運転して事故を起こしても保険金は支払われません。

安全装置割引
最近の自動車はいろいろな安全装置が取り付けられています。これらの安全装置が装備された自動車には、保険料が割引される制度があります。例えば、エアバッグが装備されていたり、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が装備されている自動車などは、保険料が割引となります。

盗難防止装置割引
最近、自動車盗難が多発しています。イモビライザ(電子式移動ロック装置)などの盗難防止装置が装着された自動車には、車両保険の保険料が割引となる制度があります。

示談交渉サービス、付帯サービス
事故のときに本来の役割を発揮するのが自動車保険です。示談交渉サービスや事故時・故障時の付帯サービスまで含めて補償を厚くしておくことも大切なことです。

契約更改はお忘れなく
保険料の割増・割引のある任意の自動車保険では、満期日から一定期間内に契約更改の手続きを行わないとその割引を継承できなくなり、新たな契約と同じ扱いになってしまいます。更改の時期が迫ってきたら、忘れずに手続きをするように注意することが必要です。

十分な賠償資力を
誤って人をはねて死亡させてしまったり、重い後遺障害を負わせてしまった場合、加害者は億単位の損害賠償額を請求されることもあります。また、人にケガを負わせなくても、他人のものを壊してしまった場合には損害賠償責任が発生します。しかも、最近では、その損害賠償額は高額化しています。
万一に備えて、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」の契約金額は、「無制限」で契約することをお薦めします。

車両保険の必要性

飛び石事故 ~突然、ガラスにひびが~

飛び石の損害賠償を請求することは、困難です。 舗装された道路における飛び石事故については、一般的に、相手方の故意または無謀運転などを立証しないかぎり損害賠償を請求できません。

フロントガラス破損の修理には平均10万円(小型乗用車)がかかりますが、車両保険を付帯しておけば安心です。 しかもノンフリート契約の場合は、等級すえおき事故となるため、翌年度等級ダウンの心配もありません。

台風 ~まさか、そんなことが・・・じゃもう遅い~

台風による水害は、車にとって修理費が高額な損害です。台風による水害事故も車両保険でカバーできます。修理費が高額でも車両保険を付帯しておけば安心です。

しかもノンフリート契約の場合は、等級すえおき事故となるため、翌年度等級ダウンの心配もありません。

いたずら・落書き ~狙われている大事な社用車!~

社用車にいたずらした相手を探すのは大変です。 いたずら・落書きされたお車を修理するのも想像以上に高額となります。でも、車両保険がついていれば大丈夫です。

大事な社用車を車両保険で修理できます。 しかもノンフリート契約の場合は、等級すえおき事故となるため、翌年度等級ダウンの心配もありません。

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中