ホーム>損害保険商品一覧(個人編)>人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

自動車事故により、車に搭乗していた方が、死亡したり、ケガをしたときに、運転者のその責任(過失)割合※にかかわらず、実際の損害額(治療費、逸失利益、及び精神的損害)の全額を補償(実損払い)します。

※責任(過失)割合、過失相殺とは?
交通事故は一方にのみ責任があるとは限りません。道路交通法に定められた優先関係、遵守事項や運転慣行などを考慮の上、公平の理念に照らし、妥当な割合を 決定することになりますが、この割合を責任(過失)割合といいます。当事者間での損害の公平な分担をはかるため、被害額から責任(過失)割合相当分を差し 引くことを過失相殺といいます。

記名被保険者とそのご家族については歩行中の場合などほとんどの自動車事故についても補償の対象となります。記名被保険者とその家族以外は補償されません。

補償されない主な場合

  • 被保険者の故意、自殺などによってその本人について生じた傷害
  • 被保険者の酒酔い、無免許、麻薬吸引などの状態で運転中にその本人について生じた傷害
  • 被保険者が契約自動車の所有者の承諾を得ないで搭乗中に生じた傷害
  • ラリー、レースなどに使用している間の事故
  • 危険物を積載またはけん引している間の傷害
  • 地震、噴火、津波による傷害
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中