ホーム生命保険商品一覧(個人編)学資保険>学資保険のしくみ

学資保険のしくみ

学資保険の特徴は以下の通り、

  • 毎月の支払額は1万円前後
  • 子供が0歳から3歳ぐらいの間に加入し、18歳まで保険料を支払うパターンがほとんどです。
  • 子供の成長の節目節目でお金がおります。例えば、高校入学時、大学入学時など。下の図1を参考にしてください。

次は、学資保険のタイプを解説します。
学資保険のタイプは大きく2つ、分割受取りタイプ一括受取りタイプです。

分割受取りタイプ

学資保険は、図1のような、分割受取りタイプがほとんどです。昔からあるタイプの学資保険です。

このタイプの学資保険を売る代表的な保険会社は、郵便局(かんぽ生命)国内生保(日本生命、第一生命など)です。

仕組みは、養老保険に定期保険と医療保険を付けたような保険です。

養老保険部分でお金をため、そこから子供の成長の節々でお金がおりてくるというものです。定期保険、医療保険部分は掛け捨てになります。

図1
学資保険の仕組み

このタイプの学資保険は、保障部分が多いのが特徴です。

父親が契約者で加入するケースが多い保険ですが、父親が死亡した場合、子供が大学を卒業できるほどの保険金がおります。

しかし、保障部分が多いということは、掛け捨て部分が多いので支払った保険料に対して、受取れる満期金は減ってしまうというデメリットがあります。

途中で解約すると、支払った金額は戻らず、目減りします。また支払った保険料に対して、受取れる学資資金は3割ほどにしかなりません。

しっかりした保険にすでにきちんと入っている人は、この学資保険の保障部分がダブり、無駄に保障を買っている場合もあるので、注意が必要です。

一括受取りタイプ

下図の様に、一括で受取るタイプもあります。

このタイプの学資保険は新しいタイプの学資保険です。良い点は、支払った保険料より多い満期保険金が受取れるところです。

扱っている保険会社は、外資系保険会社損保系保険会社です。

図2
学資保険一時金タイプ

この一時金で受取るタイプは、運用利率が高く、払った保険料を100とすると110ぐらいに、つまり10%増しぐらいに増えます。

普通に預金するよりは、運用率は高く途中解約しなければ学資を貯めるには良い保険だと考えます。保険というより、貯蓄と考えられる商品です。

学資保険トップに戻る≫

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中