ホーム生命保険商品一覧(個人編)学資保険>子供が生まれたら学資保険か?

子供が生まれたら学資保険か?

このページの解説はかなり過激ですが、これは保険営業マンの心なる本音とお考えください。

「保険営業マンは自分の子供に学資保険をかけない。」

これが、営業マンの本音です。

「子供が生まれたら学資保険に入らなくちゃ!」
と考えている人が非常に多いようです。

学資保険に対する誤解があるようです。

「学資保険は銀行の預金より利率が高く、かけた以上にお金が戻ってくる。」

という誤解です。

これは、「バブル時代の金利の高い頃の話」です。この頃の学資保険に対する認識が今でも残っていて、外交員の保険内容に関する説明不足もあり、このような誤解が根強く残っていると考えられます。

学資保険がお勧めで無い理由

学資保険がお勧めで無い理由は以下の通りです。

  1. かけた以上にお金が戻ってこない
  2. 余計な保障が付いてくる
  3. 途中で解約すると非常に損する

学資保険は、商品としては中途半端な商品と私は考えています。学資を貯めるにしては余計な保障がついているため、元本が目減りする。

ニーズにかなう人もいると思いますが、しかし、多くの人にとって、今の学資保険は、ニーズにかなう商品とは思えません。以下に、その理由を解説致します。

1.かけた以上にお金が戻ってこない

私は、単純に、学資は銀行に預金することをお勧めします預けた元本は目減りすることはないし、使いたいときにいつでも使えます

現在は、非常に低金利の時代ですが、それでも、元本が目減りする学資保険より、銀行預金に預けておいた方が良いと考えます。

お金はいつ必要になるかわかりません。毎月一万円ずつ支払っていたけれども、5年後、突然まとまったお金が必要になるかもしれません。

また、将来、支払いが苦しくなっても、保険商品の場合、途中で休んだり、辞める事ができないデメリットがあります。

2.余計な保障が付いてくる

学資保険は多くがパッケージ商品です。
パッケージ商品というのは、複数の商品を組み合わせて作ってある商品のことです。

複数の商品を組み合わせてあると、必要の無い、余分な商品も組み込まれてしまっています

例えば、医療保険は別で加入しているのに、付いてきてしまっているとか、死亡保障は別で加入しているのに、それも付いてきてしまっているとか。

貯蓄機能だけ欲しいのに、そういった余計な保障部分が付いてきてしまっているのは、非常に無駄なかけ方になってしまいます。

学資保険の保障機能は、父親が亡くなったら、1000万円以上、保険金がおりるケースが多いのですが、たいていは、別の生命保険でその辺りの保障は準備されていると思われます。

となると、保障が重複してしまっていることになるので無駄です。つまり、

定期保険4000万円にすでに加入していたら、
プラス学資保険の保障部分1000万円が付くので、

定期保険4000万円+学資保険1000万円

ということになり、4000万円あれば十分なのに、1000万円が無駄になり、しかもその部分は掛け捨てになってしまうのです。

保障の無駄ができることは、保険料を無駄に払うことなので、この不況の時代、少しでも節約した方が良いでしょう。一ヶ月数百円でも、タバコ代ぐらいになりますから(笑)

そもそも必要保障額をきちんと算出してから、生命保険に入る、という手順を踏んでいれば、学資保険で保障を求める必要はないと私は考えるのです。

3.途中で解約すると非常に損する

学資保険は18年間も、お金を自由に引き出せません。途中で解約もできますが、途中解約は返戻率が低いので、さらに目減りすることになります。
※返戻率とは:掛けたお金に対して戻ってくるお金の率、例えば、100万円かけて50万円しか戻ってこなければ、返戻率は50%となります。

途中解約にメリットもある

しかし、早期に解約して、貯蓄性の高い金融商品にお金を移すということは、後々の損失を減らすことが出来ます

例えば、
ずっと、学資保険に加入した場合、

10,000円×12ヶ月×18年=216万円

216万円をかけ、実際は100万円程度しか受取れません。

216万円-100万円=116万円の損失

18歳までかけたら、116万円も掛け捨て損することになります。

しかし、このまま掛け続けたら損することに気づき途中で解約すれば

例えば、5年後に解約、

10,000円×12ヶ月×5年=60万円

半分ぐらいは返ってくるので、

60万円-30万円=30万円

となり、30万円の損失に抑えられるのです。
将来116万円を損するか、30万円の損失で抑えるかという考えです。

お勧めできる学資保険

全ての学資保険がお勧めできないという訳ではなく、お勧めできる学資保険もあります

これまで解説してきた学資保険は、昔からある古いタイプの学資保険です。

最近は、貯蓄性にしぼった学資保険も登場しており、銀行の預金より優れている商品もあります。

学資保険トップに戻る≫

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中