ホーム>保険料の決め方について

保険料の決め方について

生命保険の保険料は各保険会社バラバラの基準でそれぞれ勝手に決めているのではなく、実は決められたルールにのっとって保険料を決めています。厚生労働省の作る生命表を元に「死亡率」、「事業費」、「予定利率」という3つの要素で保険料は決まります。

事業費は、TVCMなど宣伝のための広告費、保険会社で働く営業職員の給料など、保険会社が事業を営んでいくために必要となる費用です。予定利率とは、保険会社が行う資産運用の利益に応じた保険料の割引率です。つまり運用が良ければ良いほど保険料は安くなるのです。

 要は、より死亡率を正確に予測し、事業費を安く抑え、資産運用益が高ければ保険料を安くすることが出来るのです。逆に事業費をかけ、資産運用益も少ないということであれば保険料は高くなるという仕組みです。

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中