ホーム>子供が生まれた後の保険の見直し(更新型女性編)

子供の生まれた後の保険の見直し(更新型女性編)

日本人の80%の人が下記のように、車の保険のように期間ごとに更新していくタイプ(更新型)に加入しています。生命保険は車の保険とは違い、更新の度に保険料が高くなります。

それは、死亡する確率、病気やけがをする確率が、歳を重ねれば高くなるからです。この保険のメリットは、若いうちは保険料が安いというところです。期間が短い保険は保険料が安くなる仕組みが生命保険です。

期間が30年の商品より、10年、5年と短くなればなるほど保険料は安くなるのが生命保険です。ですから、更新型は期間を短く区切って契約するので、若いうちは保険料が安く済むのです。

しかし、デメリットは同じ保障を続けるのであれば、保険料は更新の度にどんどん高くなります。下の図から、55歳時の更新時の金額は月5万円を越えます。また、特約がたくさん付いているというのもこの保険の特徴です。

生命保険の特約は数多くありますが、ほとんど実際に使うケースは確率的に少ないそうです(某外資系保険会社40代内勤社員いわく)。特約はたくさん付ければそれだけ安心ですが、使わなければ保険料は無駄になります。

微々たる保険料の特約でさえも、保険は長期に渡ってかけるものですから、総額で見れば相当なお金になります。慎重に検討されることをお勧めします。

更新型の保険の形

※図は、ある生命保険会社で、35歳が加入したモデルケースの保険料の推移です。契約内容:主契約終身保険200万円/定期保険特約4000万円/医療関連の特約(疾病入院特約5,000円・災害入院特約5,000円・通院特約5,000円・退院一時金特約4万円・先進医療特約)

以上を踏まえ、お子さんが生まれた女性の方で、この更新型のタイプからの見直し方法を3つのケースにまとめました。

ケース1 貯蓄重視タイプ

終身保険

終身医療保険

女性は将来的にもそれほど保障が必要な場面は出てこないのが一般的なケースですから、保障よりも、終身保険(終身保険は普通預金や定期預金より高利率で貯金ができる方法があります。)で自分の将来への蓄えを少しでも増やし、医療保険で病気やけがの入院で収入の減少や蓄えた貯金を減らさない準備をする方が大事と考える、これはそういったニーズの方へのプランです。

保険はシンプルが一番です。ベースとなる保障(一生涯必要な保障のこと)を若い保険料の安い時期に用意します。

経済的責任(自分に万一があると経済的に困る人がいるかどうか)があまりない配偶者の方は、3000万円や4000万円という高額な保障はいらないでしょう。

全期型終身保険200万円

シンプルですから、保険料も安く、無駄の無い商品の組み合わせで合理的です。

ケース2 将来への貯蓄をもっと増やすタイプ

上記のケースよりもっと貯蓄を増やしたいという方、終身保険の部分を増やせば、かなりの金額を貯蓄することが可能です。以下の「終身保険の貯蓄率」をクリックいただくと、詳細がわかります。

終身保険の貯蓄率≫

終身保険はお金が貯まり、それを将来的に年金にして受け取ることが可能な商品です。気が付くと知らない間にかなりの金額が貯まることを実感できるでしょう。

若い世代の方は、将来の年金問題にかなりの不安を抱いている事と思います。自己責任の時代で、国には頼れないと思って自分で準備しておくことも大事だと考えます。

全期型終身保険1000万円

ケース3 保障が必要なタイプ

収入保障保険

終身保険

終身医療保険

全期型の保険

収入保障保険について

女性の経済的効果は昔の高度経済成長期の景気の良かった時代とは違い、今はなくてはならないものです。

お子さんの教育資金にしろ、住宅ローンの返済資金にしろ、配偶者のパート、アルバイトで稼いだ資金を当てているというのが一般的でしょう。

つまり、配偶者が亡くなると、そうした資金がなくなり、ご主人は自分でその分を稼がなければ、住宅ローンも支払えない、子供も学校にやれないという状況になります。

昨今の経済状況で、急激な給与の上昇は見込めません。その分の、保障を奥さんのほうで補ってあげる必要があります。

また、女性ならもらえる公的遺族年金が男性はもらえません。男性にとって非常に不利なことです。女性なら月々10万円以上もらえる公的遺族年金が男性には無いのです。

ですから、子供とご主人への十分な保障を残して上げることは、家族への愛とも言えるかもしれません。

そこで、割安で高額な保障を準備するのに定期保険と収入保障保険という保険が考えられます。

しかし、必要な保障額というのは年々下がるものです。例えば、子供が小さい時はまだ小学校、中学、高校、大学と多くの資金が必要ですが、成長するにしたがい、その資金は減っていきます。

35歳時の経済的責任と55歳時の経済的責任を比べれば、はるかに若いうちの方が経済的責任は多いはずです。しかし、歳を重ねるにつれ、経済的責任は減っていきますから、当然、それにあわせて保障額も減らしていくのが良いでしょう。

35歳の時、4000万円必要なのが55歳でも必要とは限りません。そこで、収入保障保険なら、下記のように保障がだんだん少なくなっていき、その分の保障が割り引かれ保険料は定期保険より安くなります。また保険料も一生上がりません。

定期保険の無駄な保険料

収入保障保険の安さの訳

お勧めの収入保障保険

収入保障保険でお勧めの会社は

40数社の日本で営業する保険会社の中で、保険料が業界で5本の指に入る安さです。

収入保障保険は掛け捨ての保険ですし、内容は死亡と高度障害を保障ということで、それはどの保険会社も共通ですし、保険金がおりる条件も、自殺の免責期間部分などを除けば、大枠は同じです。

これは、日本で営業する全ての保険会社は金融庁の打ち出す「保険業法」という法律に則って商品を作成しているため、また商品を作る際も、この金融庁の許可がいるため、どの保険会社も保険金がおりる条件は原則的には同じになるのです。

ですから、この掛け捨ての収入保障保険ならば保険料が安いに越したことはありません。

終身保険について ~終身保険で将来への蓄えを~

終身保険の部分で将来への蓄えが出来ます。何かとお金がかかる年代です。子供の教育資金(特に大学、短大、専門等進学資金)、住宅購入資金等、そのための資金を貯めたいところです。

終身保険はかなり金利の良い貯金が出来ます。

終身保険の貯蓄率≫

また、終身保険はお金が貯まるだけでなく、それを将来的に年金にして受け取ることが可能な商品です。気が付くと知らない間にかなりの金額が貯まることを実感できるでしょう。

この終身保険は預金と違い簡単にATMなどで引き出しで出来ないため、強制的に資金を貯めるにはもってこいの商品です。

終身保険で貯めた資金で、子供の教育資金、住宅購入資金などを準備するのも一つの考えです。

終身医療保険について

医療保険は終身保障タイプが良いでしょう。なぜなら、人間はいつ病気、けがで入院、手術をするかわかりません。若いうちは病気はあまりしませんが、けがはします。

また、人間の9割が病院でなくなるそうです。つまり一生持っていても良い保険が医療保険です。医療保険は昨今、様々な商品が出ています。色々比較検討されると良いでしょう。

お勧めの医療保険

なぜ、お勧めなのかは、その保険料の安さにあります。日本で営業する生命保険会社は全部で40数社ありあますが、その中でベスト5に入る安さを提供しているのがこれらの保険会社です。

医療保険は掛け捨ての保険ですし、一生涯必要な保険ですから、保険料は安いに越したことはないという理由から、これらをピックアップしました。

資料請求をして詳細な情報を入手 ~無料でできる一括資料請求~

なんといっても保険商品の仕組みを知るためには、パンフレットを見ることが一番です。

これからは自己責任の時代です。昨今、保険金不払い、公的年金の不払い問題など、信じられない事件がニュースでよく取り上げられています。

他人に全てを任せっきりにするのは危険です。情報をこちらも把握することがトラブルを防ぐには重要なことと言えます。

保険はいざというとき保険金が出なければ意味がありません。いざというとき確実に保険金が出るよう、契約に際しては十分に情報を把握しておくことが必須です。

ネットで各保険会社のホームページから商品の仕組みを知ることはできますが、パンフレットほど詳しく説明は書かれていません。

セールスレディなどの保険外交員に聞くといっても、いきなり聞くのはストレスがあると思います。

資料請求は無料ですから、気になる商品はどんどん資料請求をして、情報を蓄えるのが良いと考えます。

そんなとき、便利なのが、複数社の保険商品を一括請求できるサイトです。保険会社ごとに、一件一件資料請求するのは非常に面倒です。でも、自分の入りたい商品を一括で資料請求し、比較できたら便利です。

以下で紹介するサイトは、そんな一括請求できるサイトです。

保険市場」というサイトが非常に便利です。

性別と年齢から、生命保険、損害保険合わせて56社の商品の中から選べます。一番気になる保険料も性別と年齢に合わせ一覧で比較できますし、そのまま一回の入力で複数社の資料を一括請求できます。

保険市場の公式HPはこちら≫
保険市場の資料請求の仕方はこちら≫

自分の比較したい保険商品を一発で表示し、比較したい方は以下のボックスで年齢性別目的の商品を選択し、「見積もりスタート」をクリックすれば、一気に目的の商品の各社の保険料比較表が見れます。

この検索ボックスの補足説明

保険種類のカテゴリーについては、以下の説明を参考にしてください。

  • 「生命保険」とは・・・ここでは主に定期保険、終身保険、収入保障保険をいっています。
  • 「医療保険」とは・・・ここでは主に医療保険をいっています。※医療ということですが、介護保険等は掲載されていません。
  • 「女性保険」とは・・・ここでは女性のニーズに特化した医療保険をいっています。
  • 「学資保険」とは・・・ここでは主に学資保険と子供のための保険をいっています。
  • 「がん保険」とは・・・がん保険をいっています。
  • 「年金保険」とは・・・年金保険、養老保険をいっています。
  • 「シニア保険」とは・・・介護保険、既往症がある人向けの医療保険、あるいは終身保険をいっています。

保険市場の資料請求の仕方はこちら≫

このページで紹介した保険商品の資料請求ページへ行く場合は以下から。

「保険市場」の運営会社の情報はこちら≫

他にも、楽天の保険生命保険ベストナビ価格ドットコムなど色々なサイトがありますが、今のところ保険市場が消費者にとって使いやすいということでこちらで紹介していいます。

生命保険の基本 合理的な加入の仕方
生命保険の基本 合理的な加入の仕方
ブログを開設しました!
保険ブログ

おすすめページ

サイト内更新情報

このサイトについて
サイトのコンセプト・運営者情報

PR

広告募集中